2018年06月20日

時計ネットの第一は“小さい取材”を開いて、@日光のバショウは亜を飛んで達することを心おきなく話します

時計ネットの第一は“小さい取材”を開いて、@日光のバショウは亜を飛んで達することを心おきなく話します
中国の時計ネットは飛亜達グループに対して事業部の社長の杜煕先生を販売して“小さい取材”を行って、時計のメディアの取材の先に提唱された事物を開始して、杜煕は有名なミニブログの主なで、現在のところの新浪のミニブログでのIDは“日光のバショウ”、ファン約10万人です。

2011年3月末、全世界の注目するスイスバーゼルの時計展は間もなく幕を開けるでしょう。全世界の有名な時計のブランドのバーゼルの時計展に集まってまた1番の展示館でトップクラスの腕時計のブランドに集まってもっと注目して、亜を飛んで中国の腕時計の第1ブランドとして腕時計に達して、2001年に連続10年バーゼルの時計展に参加するのを始めます。今年初めて受ける注目する1番の館に入りを展示に参加して、これは中国の腕時計界の1件の一里塚の大事です。中国の時計ネットは亜入って2011年にバーゼルの時計展の1番の展示館が贅沢品の電子商取引などの問題と有名なミニブログの主な@日光のバショウに対して“小さい取材”を行ったのに達するのを飛びます。

次に取材の実録です:

@中国の時計ネット:#小さい取材#:1、@日光のバショウちょっとお聞きしますが、ヤマナシの総、私達は@が亜今年に達してバーゼルの時計展の1番の館に進駐して展示に参加するでしょうを飛びを知って、これは亜を飛んで達するにとって何を意味しますか?或いは中国の腕時計にとってまた何を意味しますか?中国の腕時計のブランドがすでに世界を得て認可したと言うことができますか?
@日光のバショウ:これは亜を飛んでブランドの国際化の戦略の実施の中のシンボル的だ事件に達するので、私達が20数年のブランド建設してすでに国際時計の業界の認可を得たのを意味します。私達も亜を飛ぶのが達する中国の腕時計の業界が絶えず上がって絶えず国都の城門の1人の代表に踏み出すのを望んで、ただ1つの初め、更に遠く着いていないで杯をあげて互いに祝う時。

@中国の時計ネット:#小さい取材#:2,@日光のバショウちょっとお聞きしますが、ヤマナシの総、@が亜を飛ぶのは達する連続10年バーゼルの時計展に参加するのであるべきで、今年初めて1番の館に進駐して、そばは以前何か特別な準備がありを比較しましたか?亜バーゼルの展会の上で主ながどんなをおしてモデルを表すでしょうに達するのを飛びますか?
@日光のバショウ:亜達して全く新しい展示場所のイメージで1番の国際館でとてもその他の国際ブランドで、とてもきれいなの、国際化、全く傲慢なことが現れるのを飛びます;その外、私達の6番の館のもと位置は依然として保留して、古い顧客に便宜を図る;今回めぐって展示に参加して、亜計画に達して国内の国際メディアと展会上でして大量に普及を宣伝するのを飛んで、もっと多い海外の顧客に私達を知っていさせます;製品の方面、数量の新作に相当して今回の展会の上で初めて見得を切るのがあります。



https://www.jpan123.com/HermesWatch.html
https://www.jpan123.com/RogerDubuisWatch.html
https://www.jpan123.com/CorumWatch.html



Posted by 防水時計  at 18:11 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。